融雪システム

融雪システムについて

単純に融雪システムといっても、多岐にわたるシステムが存在していますが、ここでは、ロードヒーティングシステムと融雪槽システムを紹介します。

ロードヒーティングシステムとは

road-img.jpg歩道等の舗装内に埋設した電熱線やパイプに温水を循環させて路面を過熱するシステムのことです。

温水を使用する場合の熱源は、灯油用温水ボイラーを使用するものが多く、温水には凍結防止の不凍液を使用することが一般的です。

融雪槽システムとは

yuusetsu01.jpg槽内に投入した雪を燃焼熱で温水加温したり、直接槽内の雪を加温して、雪を急速に溶かすことを目的にした装置全体のことをいいます。

特長

ロードヒーティングシステムの特長

ロードヒーティングシステムの第一の特長は、雪かきが不要になる点です。但し、維持管理費が高いのが難点です。

敷地面積に応じた施工を実現―自由配管方式

広さ、設置スペースの形、傾斜など、敷地の形状 に応じて施工ができる自由配管方式のロードヒーティング。ご予算に合わせた追加工事や、完成後の拡張にも対応できます。

耐荷性能にすぐれた―強化構造

温水パイプの上下をワイヤーメッシュで2重に固定する埋設タイプ。耐荷性能にすぐれ、駐車場への施工も心配ありません。

住まいに合わせてコーディネート―多彩な表面仕上げ

road-img02.jpg表面仕上げもお住まいに合わせて自由にコーディネート。ご希望によりインターロッキングブロックなどの色彩仕上げもできます。家の外観やエクステリア、周囲の雰囲気に調和した演出が可能です。(標準仕様:アスコン仕上げ)

融雪槽システムの特長

yuusetsu03.jpg融雪槽システムの特長は、排雪場所が少ない家庭などで導入されることが多いです。但し、雪かきの作業が発生し、定期的に融雪槽に投入しなければなりません。

安心を見守る各種機能搭載

yuusetsu02.jpg安全性能を徹底的に追及し、「接近防止枠」「上ぶた倒れ防止」などの安全装置をはじめ、安定した燃焼、スムーズな運転を見守るすぐれた各種センサーを装備してトラブルを防止しています。屋外漏電ブレーカーでは危険をすばやく察知、漏電事故を防ぎます。
また、上蓋は施錠できるのでとても安心です。

溶かしたい雪の量性能比較!あなたのお家にぴったりタイプはどれ?

融雪機を選ぶにあたって、自分の家にはどれ位の性能をもった機種が適切なのか迷うところ。そこで、選択のポイントとして、融かしたい雪の量と除雪したい敷地面積で、おおよその目安をつけることをおすすめします。

yuusetsu04.gif

融雪システム よくある質問

お年寄りには、操作が難しくありませんか?
冬期間の使用で、電源のオンオフ等での運用ができるものが多く、 大人であれば難しいことは少ないです。
メンテナンスは必要ですか?
冬期間の使用になりますので、電気式以外の製品は維持管理を行い錆び対策、定期の不凍液交換等を行うことをお勧めします。
電気式とボイラーの温水循環式とではどっちが安いのかな?
ロードヒーティングでの費用は、一般的にはイニシャルコストは温水ボイラー利用が高く、ランニングコストは、電気式が高いと思われますが、割安な電気料金やオイルショック等での灯油の高騰などがあり、単純に比較はできません。
ロードヒーティングは冬期間中でも施工できますか?
施工は不可能ではありませんが、かなり割高な工事になると思われますので、お勧めはできません。

自社販売・自社施工・地位に根差した熱原設備株式会社

お見積り・シミュレーション無料。お気軽にご相談ください。

熱原設備株式会社
TEL:帯広支店(0155)24-7587
札幌支店(011)642-4994
釧路支店(0154)24-7122
受付時間:8:30~17:00(4~7月)・8:30~17:30(8~3月)