オール電化

オール電化

オール電化住宅について

オール電化住宅とは、家庭内で用いる調理、給湯、空調(冷暖房)などのエネルギーシステムを全て電気によってまかなう住宅のことです。

メリット

深夜電力を用いる場合に限り、給湯にかかる光熱費がガスや灯油に比べて抑えられます。厨房の場所の制約が少ないため、部屋の中ほどに配置して食卓と一体化させるといった間取りの自由度を高めることができます。
電気調理器具は加熱時に一酸化炭素を発生させないため換気を必要とせず、高気密高断熱住宅に適しています。

デメリット

導入費用がガスコンロ・灯油やガス給湯器と比べ、IHクッキングヒーターとエコキュートもしくは電気温水器の方が高価です。
湯切れを起こすと昼間の割高な電気料金で貯湯を始めなければならず、かえって光熱費が高くなります。
生活スタイルに合わない使い方をすると電気とガス・灯油を併用するよりも光熱費が上がる場合があるなど、生活設計や生活スタイルを考慮した導入が不可欠です。

注意事項

深夜電力を利用したエコキュート等の室外機を、深夜に稼動させる事による低周波音などの騒音が発生する為、各メーカは静粛化に力を入れていて、業界団体では設置場所や設置方法等をガイドラインにまとめています。

オール電化 よくある質問

オール電化にするにはどんな工事が必要なの?
新築工事と既設工事では、内容に大きな違いがあります。
新築工事は改造等の工事が発生しないのですが、既設住宅のオール電化工事には、電気温水器等の設置場所や、ガス配管設備の撤去や現在利用中の設備内容の変更等が発生しますので、綿密な打合せを行う必要があります。
メンテナンスは必要ですか?
オール電化設備のメンテナンスは、エコキュートや電気温水器内の定期的な清掃などですが、家電と同様の故障は発生しますので、メンテナンス業者は確認しておきましょう。
電気代が安いのはなぜ?
オール電化住宅の電気代は、夜間が安く日中は割高になる場合が多いのです。
各種割引料金体系が存在しており、生活スタイルにより安くなる場合と割高になる場合があります。光熱費全体で割安になる家庭でも、電気代だけを比較すると安くなる家庭ばかりではありません。
全部電気にすると停電したときが心配・・・
 ガスコンロやガス湯沸し器、石油ストーブなどの一部の機器では、停電時に使用可能なものが存在しますが、他の設備製品は停電時には使用することができないものが多数あります。
停電対策などは、電化・非電化問わず一般的には対策が必要になります。
寒冷地ですが使用できますか?
寒冷地対応製品も充実していますので、生活スタイルに合った設備を導入下さい。

自社販売・自社施工・地位に根差した熱原設備株式会社

お見積り・シミュレーション無料。お気軽にご相談ください。

熱原設備株式会社
TEL:帯広支店(0155)24-7587
札幌支店(011)642-4994
釧路支店(0154)24-7122
受付時間:8:30~17:00(4~7月)・8:30~17:30(8~3月)